旭川市の引越し

旭川市のほか、県内には大手の引越し業者から中小の引越し業者まで沢山あります。

こちらでは、旭川市や付近での、100社近くの引越し業者から最安値を一括見積もりしてくれるサービスをお伝えします。

引越しについて

地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。私の実感として、単身者の場合は、少しお高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを手に入れるのが頑丈な荷物になります。無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば問題なく荷物を移動させるために必要になるので、あきらめないで入手しましょう。

引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、これで引っ越し完了と思ったところで、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、そんな方はどこにでもいます。引っ越しが多い時期だと数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早急に行ってください。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。どこでも手軽に買えるものですが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、こうした梱包材を無料で必要な分だけもらえることが多いのです。一言言えばもらえるはずのものを早まって買ってしまったということにならないよう、見積もり依頼の際にはしっかり調べておきたいものです。

家族の人数が変わった、などの事情があって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。いらない服などを一気に処分し、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。毎晩寝て身体になじんでいるので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。引っ越しは先週末に終わりました。引っ越しを終えた日に夕方、部屋の電気をつけて、と実感がわきました。その後、思い切って奮発し、いつもならとても手が出ない新居での生活も楽しみいっぱいです。何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額はかなり異なってきます。日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、相場はどのくらいかしっかり調べ、

単身者が引っ越す場合、引っ越しサービスも通常のパックではなく、荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと引っ越し費用を抑えられます。荷物が少ない人しか使えないという先入観をもたれますが、それでも若干の荷物が余ってしまったら、同じ業者のサービス、例えば宅配便などで送ると良いでしょう。

このページの先頭へ